ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2019年04月09日 18時00分 公開

JAL国内線の搭乗券が「Google Pay」で管理可能に iOSのWalletアプリと同等に

Google PayでJAL国内線の搭乗券が管理できるようになった。

[山口恵祐,ITmedia]

 日本航空(JAL)は4月9日、Android端末向けのモバイル決済アプリ「Google Pay」にJAL国内線の搭乗券を保存できるようにしたと発表した。Google Payアプリで搭乗券を管理したり、搭乗用バーコードを表示させてチェックインしたりできる。

photo

 Google Payアプリが使えるAndroid 5.0以上のスマートフォンが対象。JAL国内線の搭乗券を購入後、JALのスマートフォン向けWebサイトに表示される「Google Payに保存」ボタンをタップすると、Google Payにモバイル搭乗券として保存できる。

 Google Payアプリに保存したモバイル航空券を選択すると、出発時間や搭乗用バーコードを表示。搭乗する当日になると、スマートフォンのロック画面にフライト情報を通知する機能も備えた。

photo
photo

 JAL国内線の搭乗券をアプリで管理できる同様のサービスは、既にiPhoneのWalletアプリやApple Watchが対応している。今回の新サービスで、Androidも足並みをそろえた。

 おサイフケータイに対応するAndroidスマートフォンで使える非接触のチェックインサービスも引き続き使える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.