ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年04月10日 10時28分 公開

180度3Dも360度も5.7Kで撮れる「Insta360 EVO」の実力 (1/2)

180度立体視、360度全天球を撮影できるカメラが登場した。その実力を動画を交えて試してみる。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Shenzhen Arashi Visionの180度3D撮影&360度アクションカメラ「Insta360 EVO」を試してみた。

photo Insta360 EVO

 EVOのデュアルレンズを展開すると、180度5.7K(5760 x 2880)3D動画を撮影でき、カメラを折りたたむと360度5.7K(5760 x 2880)の動画を撮影できる。ただし、ライブ配信機能は搭載されていない。

 これまでのInsta360カメラにはなかった奥行き感のある動ける180度3D撮影が可能だ。

photo Insta360 EVOに付属のミニ三脚を付けてみた

 VRヘッドセット用のアプリ「Insta360 VR」をインストールすれば、Oculus Go、HTC VIVE Focus、Samsung Gear VRなどで、EVOで撮影したコンテンツをWi-Fi経由で鑑賞することが可能。

 EVO を折りたたむと周りすべてを撮影する360度カメラに変わる。

 ジンバルなしでもジンバルに劣らないFlowState手ブレ補正を採用し、持ち歩きながらの撮影でも滑らかな映像を撮影できる。

 付属のミニ三脚の足を閉じれば、グリップとしても使用可能。

photo Insta360 EVO付属のミニ三脚はグリップにもなる

 本体側面にmicroSDカードスロットが装備されている。

photo Insta360 EVOのmicroSDカードスロット

 UHS-I V30 の転送速度、exFAT (FAT64) フォーマットが必要で、最大128GBまで対応。

 バッテリー容量は1200mAhで、最大65分連続撮影が可能だ。

 撮影にはiPhone/iPad用アプリ「Insta360 EVO」を使用する。

photo Insta360 EVO

 小さな惑星で周りすべてを表現する「リトルプラネット」、時間の流れと視点をコントロールする「TimeShift」、自然で綺麗な映像撮影が可能な「HDR 写真+動画」など多彩な撮影が行える。

 180度3D VR撮影は、Insta360 EVO Appで2眼表示リアルタイムプレビュー表示で確認可能。

photo Insta360 EVO

 撮影中は右または左のカメラからの映像がプレビュー表示される。

       1|2 次のページへ

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.