ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2019年04月18日 11時00分 公開

「囲碁AIの世界一目指す」 日本棋院、AIベンチャーらが共同プロジェクト「GLOBIS-AQZ」発表

世界最強の囲碁AI開発と若手棋士育成を目指すプロジェクトが発表された。日本棋院、AIベンチャー、産総研らが共同で行う。

[村上万純,ITmedia]

 世界最強の囲碁AI(人工知能)開発と若手棋士育成を目標にする「GLOBISーAQZ」プロジェクトが、4月18日に発表された。ビジネススクールを展開するグロービス、囲碁AI「AQ」開発者の山口祐さん、日本のプロ棋士を統括する団体の日本棋院、囲碁AI「Raynz」を開発したベンチャー企業のトリプルアイズの4者が共同で進める。プロ棋士の大橋拓文六段がテクニカル・アドバイザーを務める。

AI

 囲碁の若手棋士育成と、AIの研究開発を発展させるため、2018年9月に発足したプロジェクト。山口さんが開発した「AQ」をベースに、囲碁AIの思考アルゴリズムとAIの強化学習の手法を開発。試行錯誤を通じて最大限の結果を出せるようにする。産業技術総合研究所や、AIの研究開発で知られる東京大学・松尾研究室も技術面で支援する。

 トリプルアイズは強化学習におけるレーティング結果の計測と可視化を、グロービスはAIの強化学習に向けた大規模演算のためのインフラ構築と最適化を担う。また、日本棋院協力のもと、プロ棋士の棋力向上に向けて「GLOBIS-AQZ」を活用する予定という。

AI 日本棋院の理事も務めるグロービスの堀義人社長

 GLOBIS-AQZは19年2月から学習システムの開発とテストを進め、現在は縦横9本の線を持つ初心者向けの「9路盤」で実験を行っている状況。5月以降はプロ棋士の試合でも使われる「19路盤」での本学習を開始する予定。8月に中国・山東省で開催される「2019 中信証券杯 第3回世界電脳囲碁オープン戦」に出場し、優勝を目指す。世界大会出場後は、GLOBIS-AQZプログラムのソースコードと計算データを公開し、誰でも自由に利用できるようにする。

 日本棋院の理事も務めるグロービスの堀義人社長は、囲碁AIの国際大会で優勝を重ねている中国テンセントの「絶芸」の開発チームと面談する中で「グロービスでも世界トップレベルの囲碁AI開発は可能だと考えた」とコメント。「若手棋士育成を加速すると共に、GLOBIS-AQZで世界一を目指したい」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.