ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年04月24日 13時04分 公開

実店舗でも“ツケ払い” 「メルペイあと払い」開始、メルカリの利用実績基に上限額設定

「メルカリ」と連携したモバイル決済サービス「メルペイ」に、商品購入代金を後払いで決済できる「メルペイあと払い」機能が実装された。購入時にすぐ代金を支払う必要がなく、翌月にまとめて支払える。月ごとの利用上限額はメルカリの利用実績などを基に決まり、最大5万円だ。

[ITmedia]

 フリマアプリ「メルカリ」と連携したモバイル決済サービス「メルペイ」に4月23日、商品購入代金を後払いで決済できる「メルペイあと払い」機能が実装された。購入時にすぐ代金を支払う必要がなく、翌月にまとめて支払える。月ごとの利用上限額はメルカリの利用実績などを基に決まり、最大5万円だ。

 銀行口座の登録または本人確認した18歳以上のユーザーのみ利用でき、アプリだけで本人確認が完結する機能も新たに実装した。

画像
画像

 メルペイあと払いは、メルカリの一部ユーザー向けに提供してきた、各月の購入代金を翌月にまとめて支払える「メルカリ月イチ払い」の名称を変更し、実店舗での決済にも使えるようにしたサービス。

 メルペイを使って商品を購入する際、支払い方法で「メルペイあと払い」を選ぶと、購入金額をその場で支払う必要がなくなり、翌月中に、コンビニやATM、口座振替でまとめて支払える。支払時に300円の手数料が必要(月の利用回数に関わらず、一律300円/5月31日までは無料)。利用上限額はメルカリの利用実績などを基に決まるためユーザーにより異なり、最大5万円だが、今後もユーザーの利用状況を見ながら、上限額や提供範囲を見直していく。

 新たに、アプリだけで本人確認が完了する「アプリでかんたん本人確認」機能も実装した。2018年11月の犯罪収益移転防止法施行規則が改正により可能になった、オンライン上の手続で本人確認を完了する「eKYC」に対応。スマホで自身の顔や免許証を撮影した上で、氏名や住所などを入力することで、オンライン上の手続きだけで本人確認が完了。従来、本人確認に必要だった、郵便物の受け取りを不要にした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.