ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年02月20日 18時36分 公開

メルペイ、スマホ決済で後払いサービス 「使い終わったらすぐメルカリで売却→売上金で決済」サイクル狙う

メルペイが2019年春頃に後払いサービスの提供を始める。後払いで買った物をメルカリで売り、その売上金を購入代金に充てて支払うといったことが可能になるという。

[村田朱梨,ITmedia]

 メルカリ子会社のメルペイは2月20日、実店舗などで使えるスマートフォン決済サービス「メルペイ」に後払いサービスを提供すると発表した。今春からスタートする。「後払いで本を買って、読み終わったらメルカリで売却し、その売上金で代金を支払う」といった使い方を想定する。

photo 「メルペイあと払い」を19年春に提供開始
photo 「メルペイ」の利用イメージ

 フリマアプリ「メルカリ」で一部の利用者に提供している後払いサービス「メルカリ月イチ払い」をリニューアル。名称を変更し、メルカリだけでなく実店舗での決済にも利用範囲を広げる。メルペイ残高が不足していても翌月払いで商品を購入できる。

 同社の青柳直樹代表取締役は、「新しい本を『借りるようにして読む』という、メルカリとメルペイならではの体験を届けられる」と話す。

photo 「メルカリ月イチ払い」

 メルペイあと払いには、メルカリでの取引実績や購買履歴といったデータを活用。メルカリにおける利用者の“信用”を軸にサービスを展開する。「丁寧な対応や期日内の振込を行う『信用できる利用者』がメリットを受けられる。良い人が評価される、シンプルなことを実現したい」(青柳代表)

 サービス内容やデータの活用方法など、詳細は「今後明らかにしていく」(同社)としている。親会社であるメルカリは18年8月、利用者がメルカリで得た販売収入やポイント、評価などを実店舗でも使えるようにすると予告していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.