ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年04月26日 16時36分 公開

ドコモ、複合現実デバイスの米Magic Leapと資本業務提携 約310億円を出資、国内販売も

NTTドコモが米Magic Leapと資本業務提携。日本国内におけるMRデバイスの販売権も取得した。

[山口恵祐,ITmedia]

 NTTドコモは4月26日、MR(複合現実)プラットフォームを手掛ける米Magic Leapと資本業務提携を結んだと発表した。Magic Leapに対し、2.8億ドル(約310億円)を出資し、Magic LeapのMRデバイス販売権を取得。日本向けMRコンテンツの開発や、配信プラットフォームのローカライズも共同で行う。

photo Magic LeapのMRデバイス「Magic Leap One」

 今回の提携により、Magic Leapが提供するコンテンツ配信プラットフォームの日本向け対応(dアカウント連携)や、日本向けMRコンテンツの開発を共同で推進する。

 さらにMagic Leapが日本向けに提供予定という「空間コンピューティングデバイス」の販売をドコモが行う。ただし、同日に行われた報道陣向け決算発表会で、ドコモの吉澤和弘社長は「Magic Leapのデバイスを国内で発売するとしても、現行の『Magic Leap One』ではなく、次のモデルから」と話した。

 ドコモは次世代通信規格「5G」とMRコンテンツを組み合わせることで、「これまでにない臨場感あるインタラクティブな体験を提供する」と説明。「自宅のリビングとゲームの世界を融合でき、壁からキャラクターが出てきたり、テーブルの上にキャラクターを置いて歩かせたりできる」としている。

photo ドコモが提示するMRコンテンツのイメージ
photo 「Magic Leap One」の装着イメージ

 米国フロリダ州に本拠地を置く非公開企業で、米Googleや米Warner Bros.、中国Alibaba Groupなどが出資している。18年8月に初のMRデバイス「Magic Leap One」の開発者版を発売。価格は2295ドル(約25万6000円)。今年4月から米大手通信事業者のAT&Tが取り扱いを始めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.