ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年05月17日 07時00分 公開

「負けたら腕立て、勝っても腕立て」 ケイン・コスギさん、ゲーム実況者になっていた (1/2)

テレビや映画で活躍するスポーツマンが、なぜゲームの世界に足を踏み入れたのか、ゲーミングマウスの新製品発表会に登壇した本人に話を聞いた。

[山口恵祐,ITmedia]

 「ケイン・コスギ」と聞いて懐かしさを覚える人は少なくないはず。抜群の身体能力を生かして“筋肉を番付”するスポーツ番組や、「ファイト一発!」と気合いを入れて栄養ドリンクをグイッと飲み干すテレビCMなど、活躍している姿が思い浮かぶが、そんな彼は今、自身がプレイするゲームをネットでライブ配信しながら、視聴者とのコミュニケーションなどを楽しむ「ゲーム実況」の世界で人気を集めている。

 テレビや映画で活躍するスポーツマンが、なぜゲームの世界に足を踏み入れたのか、ゲーミングマウスの新製品発表会に登壇した本人に話を聞いた。

photo ロジクールの新製品発表会に登壇したケイン・コスギさん(中央)

ケイン・コスギさんの今

 ケイン・コスギさんが登壇したロジクールの新製品発表会では、ゲーミングブランド「ロジクールG」の新製品として、eスポーツ向けの「G502 LIGHTSPEED ワイヤレス ゲーミングマウス(G502WL)」が公開された。

photo ゲーマーから、本体の重量感や手に対するフィット感、カスタマイズ性の高さで人気を集めていたという高性能ゲーミング有線マウス「G502」をワイヤレス化。G502の形状そのままにワイヤレスモジュールやバッテリーなどを内蔵。全ての部品設計を見直すことで、本体重量は121グラムから114グラムに軽量化した。価格は1万8380円(税別)

 冒頭で紹介したケイン・コスギさんも、同社の有線マウスのG502を愛用していたゲーマーの一人だ。日本のテレビで特に目立っていた1990年代後半以降、ケインさんは活躍の場を映画俳優などに広げていたが……。

「負けたらその場で腕立て、勝っても腕立て」

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.