ITmedia NEWS > 速報 >
調査リポート
» 2019年06月06日 19時17分 公開

国内エンタープライズIT市場、2023年に11兆9983億円まで拡大へ クラウド領域が成長けん引

IDCジャパンが国内エンタープライズIT市場規模の予測を発表。2018年時点の市場規模は10兆1441億円で、23年には11兆9983億円に拡大する見込みだ。各社のクラウド事業やデータドリブンビジネス、デジタルトランスフォーメーション支援が成長をけん引するという。

[ITmedia]

 IDCジャパンはこのほど、国内エンタープライズIT市場規模の予測を発表した。2018年時点の市場規模は10兆1441億円で、23年まで3.4%の年間平均成長率(CAGR)で推移し、23年には11兆9983億円に拡大する見込みという。

 成長をけん引するのは各社のクラウド関連事業の成長で、同事業が市場に占める売上高は、5年間で20.2%(18年)から54.4%(23年)に拡大するとみられる。

 IDCジャパンは「サービスプロバイダーはパブリッククラウドやホステッドプライベートクラウドを提供するために積極的な投資を続けている。クラウドファースト戦略を実行するユーザー企業も増えている」と背景を分析する。

photo IDCジャパンが発表した、国内エンタープライズIT市場規模の予測

 クラウドのほか、データドリブン(データ駆動型)ビジネスや、ユーザー企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)支援事業も盛んになり、エンタープライズIT市場の成長を後押しするとみている。現在、後者に投資する企業は限定的だが、今後急速に拡大すると予測する。

 IDCジャパンは「ハイブリッド/マルチクラウド時代を迎え、ベンダー間の提携および競合環境が変化しているため、データ駆動型ビジネス/DX支援への対応がベンダーの競争力強化に欠かせない要素になる」と分析。

 「ユーザー企業のDX支援を強化するには、ビジョンの共有、クラウドネイティブなエコシステムの強化、サブスクリプションビジネスへの対応などが重要だ」と結論付けている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.