ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年06月10日 14時41分 公開

アニメ企画を一般公募、東映アニメが初挑戦 誰でも応募OK 「一休さん」リメイク企画も募る

アニメ企画を一般公募する「東映アニメーション 100年アニメプロジェクト」がスタート。オリジナルアニメ企画や、「一休さん」のリメイク企画を一般から募るプロジェクト。受賞企画は、テレビアニメやWeb配信、劇場公開などの幅広い展開を予定している。

[ITmedia]

 東映アニメーションは、アニメの企画を一般公募する「東映アニメーション 100年アニメプロジェクト」を始めた。オリジナルアニメ企画の他、「一休さん」のリメイク企画を一般から募るプロジェクトで、3種類のコースを用意。各コースで大賞を受賞した企画は、テレビアニメやWeb配信、劇場公開などの幅広い展開を予定している。また、受賞作の海外展開もサポートする。応募は9月30日まで。

画像
画像 募集ページより

 漫画やアニメ制作経験などを問わず、誰でも応募できる「コースA:だれでもアニメコース」、映像や文学作品に携わった経験がある人を主な対象にした「コースB:プロでもアニメコース」、アニメ「一休さん」のリメイク企画を募る「コースC:みんなでリメイクコース」を用意。各コースとも、大賞には賞金100万円、優秀賞には賞金50万円、奨励賞には賞金30万円を贈る。

 また、東映アニメの製作プロデューサーやアニメーターなどを募集する「クリエイター&製作プロデューサー募集コース」も。作品・プロジェクト単位での業務委託契約となる。

 東映アニメは1948年創立。これまで「ワンピース」「ゲゲゲの鬼太郎」「ドラゴンボール」など数々のヒット作品を手掛けてきた。アニメ企画の一般公募は、60年以上の歴史の中で初。ニュースリリースに記載された高木勝裕社長のインタビューによると、外部の力を借り、「どこかで見たことがある」「何かに似ている」と感じさせない、新しい発想の作品を作りたいという。

 高木社長は「技術の進歩によって、個人でもアニメ制作ができる時代にはなった」が、ヒット作品にするには、多くの人を巻き込むことが必要と指摘。同社には「作品を成功させるための長年培ってきたノウハウがある」とし、「アイデアをお持ちの方には、本プロジェクトをぜひ活用してほしい」と話している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.