ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年06月17日 14時20分 公開

「QRコード決済可」のコインランドリー、今秋登場 支払うと洗濯・乾燥スタート

コインランドリーチェーンを運営するWASHハウスが、今秋をめどに国内の全597店舗にQRコード決済を導入する。PayPay、LINE Pay、Alipayなどで決済すると、洗濯や乾燥が始まる仕様になるという。NTT西日本・NTTビジネスソリューションズと提携し、専用の決済システムとアプリも開発する。

[ITmedia]

 コインランドリーチェーンを運営するWASHハウス(宮崎市)は6月17日、今秋をめどに国内の全597店舗にQRコード決済を導入すると発表した。提携する事業者は秋に発表する。既存のQRコード決済サービスで支払いを完了すると、洗濯や乾燥が始まる仕様になるという。

【更新:2019年6月17日午後7時30分 対応するキャッシュレス決済サービスに関する表記を一部変更しました。】

photo WASHハウスが、「QRコード決済可」のコインランドリーを今秋始める

 今後、各QRコード決済サービスと連携した決済システムの構築を進め、支払いを終えた時点で機器の操作が可能になる仕組みを整える。決済や機器の操作が可能なスマートフォンアプリ「WASHハウスアプリ」も開発する。

 アプリには(1)QRコードスキャンで使いたい洗濯機・乾燥機を指定し、(2)決済サービスを選んで料金を支払い、(3)洗濯機などの運転を開始する、(4)運転の残り時間やキャンペーン情報の通知が届く――といった機能を搭載する。

 仕組みの検討と、決済システムとアプリの開発は、提携する西日本電信電話(NTT西日本)とNTTビジネスソリューションズが担当する。

 WASHハウスは先進技術を活用した店舗運営に注力しており、本社から機器を遠隔操作できる“IoTコインランドリー”なども運営している。今回の施策は、日本政府が2025年までに、国内のキャッシュレス決済の比率を現行の20%から2倍に引き上げる目標を掲げていることを踏まえたものだ。

photo WASHハウスによる発表

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.