ITmedia NEWS > ネットの話題 >

「すごくリアル」と話題――“アンドロイド演じるお姉さん”に聞く「似せる」ための苦労(2/2 ページ)

» 2019年06月30日 09時00分 公開
前のページへ 1|2       

バーチャルモデルには「仲間意識を感じる」

 高山さんが昨年コスプレ姿を披露した「Saya」をはじめ、最近では3DCGで描かれたバーチャルモデルが続々と誕生している。「(バーチャルモデルは)理想の顔や服に似合うスタイルを作れるので、かなわないと思う」と高山さん。「『この仕事をしたい』という強い意志がないと、モデルやグラビアアイドルなどの仕事は、CGに代替されていくのではないか」と胸の内を明かす。

photo バーチャルモデル「imma」を演じる高山沙織さん=高山さんのTwitterより
photo 3DCGで描かれた「imma」。CGプロダクション「ModelingCafe」が制作している=immaのInstagramより

 一方で、バーチャルモデルについて「ずっと先の未来では脅威になるかもしれないが、仲間意識を感じて応援している」とも話す。バーチャルモデルが注目されると、姿を似せるのが得意な高山さんにとって“仕事のチャンス”が広がるからだ。

 最近では、動画の視聴者から「人間らしさが残っている」といわれるとショックを受けることもあるという高山さん。「さらに活躍できるフィールドを広げ、挑戦したい。(アンドロイドやバーチャルモデルの)技術が進展し、自分の仕事につながれば」と意気込んでいる。

人間からだんだんアンドロイドに……
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.