ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2019年07月17日 13時43分 公開

AIアナ「荒木ゆい」、ショッピングセンターで館内アナウンス 働き方改革に貢献

AIアナウンサー「荒木ゆい」による館内アナウンスが、「玉川高島屋ショッピングセンター」で始まった。AIアナの起用は、ショッピングセンターとして全国初という。インフォメーション係のアナウンス負担を軽減し、働き方改革につなげる狙いだ。

[ITmedia]

 AIアナウンサー「荒木ゆい」による館内アナウンスが、「玉川高島屋ショッピングセンター」(東京都世田谷区)で始まった。AIアナの起用は、ショッピングセンターとして全国初という。インフォメーション係のアナウンス負担を軽減し、働き方改革につなげる狙いだ。

画像

 荒木ゆいは、AIベンチャーのSpecteeが開発し、ソニービジネスソリューションが提供するサービス。原稿をPCからテキスト入力するだけで音声データが生成でき、特別な設備などが不要で使える。

 同ショッピングセンターでは、繁忙期には30分ごとに3〜4種類も肉声での案内を放送していたが、放送内容が毎回異なるため録音放送できず、インフォメーション係の負担が大きかったという。また、案内放送の教育に、インフォメーション係1人あたり約12時間かかるが、人手不足で放送の教育ができるスタッフも減ってきたという。

 荒木ゆいの起用により、インフォメーション係の業務を軽減できる他、人による発音やアクセントなどの違いがなくなることで、より聞き取りやすく分かりやすい案内につながるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.