ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年07月22日 10時34分 公開

Google、エンジニアの実地スキルを見極められる採用ツール「Byteboard」発表

Googleのインキュベーター部門「Area 120」が、企業向け採用ツール「Byeboard」を発表した。ソフトウェアエンジニアの実地スキルをバイアスを排除して評価するためのツールだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleの社内インキュベーター部門「Area 120」は7月17日(現地時間)、企業向けの採用ツール「Byteboard」を発表した。ソフトウェアエンジニアの実地スキルを評価するためのツールという。

 byte 1

 Byteboardを立ち上げた同社のエンジニア、サーガン・カウ氏は公式ブログで、通常の採用面接ではかなり時間をかけてもエンジニアの実地スキルを見極めるのは難しく、求人する側にとってもされる側にとっても効率が非常に悪いと語った。「残念ながら、多くの企業は相変わらず日常のエンジニアリング作業とはかけ離れた方法でエンジニアにインタビューしている」とカウ氏。

 Byteboardは、実際に仕事で使うスキルを評価するため、応募者を匿名化して実際の環境でコーディングさせる。Byteboardの経験豊富なソフトウェアエンジニアで構成される評価チームが20以上の必須スキルを客観的に評価し、プロファイルにまとめ、採用担当者に報告する。

 評価プロセスを匿名にすることで、人種や性別によるバイアスが排除されるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.