ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年08月01日 18時46分 公開

AIが電車の「混雑予報」、西武鉄道とヤフーが実証実験

西武鉄道とヤフーが西武線の混雑状況を予測する実証実験を行う。ビッグデータとAI(人工知能)を活用する。「混雑予報サイト」で見られる。

[ITmedia]

 西武鉄道とヤフーは8月1日、ビッグデータとAI(人工知能)を活用して西武線の混雑状況を予測する実証実験を行うと発表した。予測は西武鉄道Webサイト内に設ける「混雑予報サイト」で見られる。期間は8月19日から9月20日まで。

西武球場前駅の混雑予報イメージ。その日の試合前イベント情報を表示して早めの来場を促す

 乗換検索サービス「Yahoo!乗換案内」などで蓄積した検索履歴のビッグデータを機械学習で解析、駅ごとの混雑パターンを推定する。これに西武鉄道の駅別、時間帯別降車人数データを掛け合わせて精度を高める。AIは、Yahoo! JAPAN研究所と東京工業大学の下坂正倫准教授の研究チームが共同開発した。

通勤時間帯の混雑予報。駅や日付でタブを切り替える

 対象の駅は、池袋駅、西武新宿駅、高田馬場駅、国分寺駅と、プロ野球の試合などが行われる「メットライフドーム」最寄りの西武球場前駅。このうち通勤利用の多い4駅は、平日朝(始発から午前10時)の混雑レベルや混雑する時間帯を表示してオフピーク通勤を促す。西武球場前駅では、西武ライオンズの運営会社と協力し、野球開催日の駅混雑レベルと試合前イベントの情報などで早めの来場を促す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.