ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年08月08日 20時00分 公開

コミケ直前 新会場「青海展示棟」はどうなる? 通信対策やコンビニ事情をチェック

8月9日〜12日に開催される「コミックマーケット96」では、4月から本格的な運用が始まった青海展示棟が会場として使われる。周辺の電波状況やコンビニ事情を調べた。

[谷井将人,ITmedia]

 2019年夏開催の「コミックマーケット96」(8月9〜12日)は、2020年東京オリンピックの影響でコミケ初の4日間開催となる。従来利用していた東展示棟と西展示棟のうち、東展示棟が改修工事で利用できないため、19年にオープンした青海展示棟と南展示棟を用いる。西展示棟にあった企業ブースは、全て青海展示棟へ移動する。

photo 青海展示棟

 青海展示棟は最寄りがりんかい線・東京テレポート駅となり、これまでの会場から離れてしまう。食料確保や電波状況などが気になるところだ。コミケ直前に、現地を記者が調べてみた。

「青海の通信基地局配置」明言はauのみ ソフトバンクは「設置なし」

 青海展示棟周辺に行き、記者が手持ちのスマートフォンからドコモ4G回線の通信速度をアプリで計測したところ、ダウンロードが12.6Mbps、アップロードが4.59Mbpsという結果になった。ネット上で電波状況が悪いとうわさされている、新会場の南展示棟周辺でも同じ回線で計測すると、ダウンロードが17.1Mbps、アップロードが5.57Mbpsを記録した。

 ただ、ここに人が増えれば同じようには通信できないことが見込まれる。1カ所に通信端末が集中しすぎると、基地局が通信をさばき切れずにアクセス障害を起こす恐れがあるからだ。

 かつてのコミックマーケットでは通信が不安定な状況が続いていたが、2010年ごろからキャリアが移動基地局車を出動させ、通信状況は緩和されていた。

 今回の夏コミでは、auはスタッフが小型の通信基地局を持ち運ぶ「人間Wi-Fi」の他、西・南展示棟に可動式の基地局を3台設置し、青海展示棟にも移動基地局車を2台配置。ゆりかもめの東京ビッグサイト駅周辺にも基地局車を1台出動させる。

photo auの基地局出動状況

 ソフトバンクは例年通り、東京ビッグサイト側にWi-Fiスポットを臨時で設置するが、青海展示棟への設置予定はない。

 NTTドコモは「移動基地局車を3台配置する」としているが、青海展示棟に配置するかどうかも含め明言を避けた。

 青海展示棟周辺には3キャリアのWi-Fiスポットや、東京都のフリーWi-Fi「FREE Wi-Fi & TOKYO」も飛んでいる。しかし、フリーWi-Fiからインターネットへの接続にはモバイル回線を利用していることも多いことから、モバイル回線混雑時の避難先として十分に機能しない可能性もあることは考慮していた方がいいだろう。

近いコンビニは駅改札外の1カ所のみ

 青海展示棟の最寄り駅はりんかい線・東京テレポート駅で、駅を出ると会場入り口までは歩いて十数秒程度で到着する。改札を出てから会場入り口までに通るコンビニは改札横の1件のみだ。その他には、歩いて5分以内の位置にダイバーシティ東京やヴィーナスフォートなどの集合商業施設がある。

 ゆりかもめの最寄り駅は「青海駅」(奥多摩方面へ向かう「青梅駅」ではない)で、会場入り口までは徒歩で2分程度かかる代わり、ヴィーナスフォート内を通ることになるので買い物はしやすい。

photo 電車やバスを使わない場合、日陰のない道を約18分歩くことに

 今回の夏コミでは従来の東京ビッグサイト側と東京テレポートの青海展示棟の2会場に分散するため、会場の行き来には1.4キロの距離を移動する必要がある。歩いて行き来する場合、真夏日に屋根や日陰がほとんど無い道を約18分歩かねばならない。りんかい線やゆりかもめを使った移動も可能だが、コミックマーケット準備会は「鉄道はいろいろな利用者の方がいます。コミケット参加者だけのための鉄道ではありませんので、ひんしゅくを買ったりすることが無いように気を付けるようお願いします」と注意喚起している。

 なお、会期中は東京ビッグサイト社が無料の巡回シャトルバスを運行する予定だ。午前10時から午後6時まで、約8分間隔で運行するとしている。コミケの来場者数に対してどれほど機能するかは未知数だが、頭に入れておいてもいいだろう。

リストバンドが入手困難との声も

 東京オリンピックの影響で展示棟の中でも特に広かった東展示棟が丸々使えないため、西・南展示棟と青海展示棟を合わせても使用できる面積は従来の約75%にとどまる。さらに会場が2カ所に分散することから、準備会は「開催にかかる費用が大幅増になる」としている。

photo 閉鎖された東展示棟

 コミケはこれまで無料で入場できた(コミケカタログの購入は推奨されていた)が、これらの事情から今回の夏コミでは、「リストバンド」付きのカタログ販売で事実上の入場有料化に踏み切った。

 しかし、Twitter上では、「前売りで買えなかったのでコミケには行かない」「フリマサイトで転売されていた」などの報告があり、必ずしも簡単にリストバンドを事前に購入できる状況ではないようだ。

photo 参加証は当日販売あり

 準備会は、「混雑が予想されますので、なるべく事前販売にてお求めください」と呼びかけているが、参加証は会場付近で当日販売もされる。転売されたものをわざわざ高く買う必要はなさそうだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.