ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年08月22日 14時30分 公開

バンナム、VR施設を中国にも展開 「エヴァVR」など設置へ

バンダイナムコアミューズメントは、中国のエンターテインメント企業とフランチャイズ契約を結び、中国・北京にVR施設「VR ZONE BEIJING」を2019年秋にオープンすると発表した。同社はVR施設の海外展開を進めているが、中国での展開は初。

[ITmedia]

 バンダイナムコアミューズメントは8月22日、中国のエンターテインメント企業・XINGBAO INTERNATIONAL CULTURE MEDIAとフランチャイズ契約を結び、中国・北京にVR施設「VR ZONE BEIJING」を2019年秋にオープンすると発表した。同社はVR施設の海外展開を進めているが、中国での展開は初。

画像
画像

 バンナムのVR施設は、国内に21カ所、海外では英国や米国など6カ所で展開しており、近日マカオに7カ所目のオープンを予定している。北京のVR施設は8カ所目になる予定だ。

 北京の朝陽公園内に、約1700平方メートルの施設を設置。「エヴァンゲリオン VR THE 魂の座:暴走」「ガンダム VR ダイバ強襲」「ゴジラ VR」などのアクティビティを配置する計画だ。

 同社は今後も、海外でのVR事業の展開を進めていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.