ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年08月30日 10時12分 公開

ソニー、オリンパス株をすべて売却 自社株買いに応募

ソニーは、オリンパスが行う自己株買いに、保有するオリンパスの株すべてを応募する。株式売却後も、オリンパスとの業務提携・協力関係は維持していく。

[ITmedia]

 ソニーは8月29日、オリンパスが行う自己株買いに、保有するオリンパス株すべてを応募すると発表した。「出資目的が既に達成されていることに加え、株式保有意義を総合的に検討した結果」という。

 ソニーはオリンパスの発行済み株式の約5%を保有しており、29日の終値・1165円でそのすべてを売却する。売却総額は約800億円。売却後も、オリンパスとの業務提携・協力関係は維持していく。

 ソニーとオリンパスは2012年、医療事業とカメラ事業で資本提携。共同出資で13年にはソニー・オリンパスメディカルソリューションズを設立した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.