ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2019年09月02日 10時42分 公開

気象庁「災害は、使徒と同じように突然やってくる」 「特務機関NERV防災アプリ」ゲヒルンが開発

地震や津波、特別警報などの速報や防災気象情報を、ユーザーの位置情報に基づいて配信するiOSアプリ「特務機関NERV防災アプリ」が登場。「災害をもたらす現象は、使徒と同じように、いつも違った形で突然やってくる」(気象庁)。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のゲヒルン(さくらインターネット子会社)は9月1日、地震や津波、特別警報などの速報や防災気象情報を、ユーザーの位置情報に基づいて配信するiOSアプリ「特務機関NERV防災アプリ」の提供を始めた。Android版も後日配信する予定だ。

 「エヴァンゲリオン」シリーズを製作するカラーの協力を受け、エヴァのデザインを取り入れたアプリ。情報を提供している気象庁は、「災害をもたらす現象は、使徒と同じように、いつも違った形で突然やってくる」などとコメントしている。

画像

 天気や台風の予報、雨雲レーダー、地震・津波・噴火速報、特別警報や土砂災害の情報、河川の情報、大雨危険度通知、Jアラート(国民保護情報)、ダム放流通知などさまざまな防災情報を、ゲヒルンが独自に区分した区域やメッシュ情報に基づいて、ユーザーに配信するアプリ。情報の緊急度によって、音やバイブレーションありの通知、なしの通知などと送り分ける。

 気象庁本庁舎と大阪管区気象台にある「気象業務支援センター」と接続した専用線から防災気象情報をダイレクトに受け取って配信しており、同社の独自技術により「国内最速レベルの情報配信を実現した」という。

 シンプルで視認性が高い「AXIS Font」を採用して色覚障害の人でも見やすい配色にした他、音声読み上げ機能も備えた。

 アプリの名称は、人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズで、「使徒」と呼ばれる謎の生命体に対処するための組織「特務機関NERV」から取った。

 ゲヒルンは2011年の東日本大震災以降、防災情報を発信するTwitterアカウント「特務機関NERV」(@UN_NERV)を運用してきた。

 今回、同社が気象庁から「大雨・洪水警報の危険度分布」に関するプッシュ型通知サービスの協力事業者に選定されたことを受け、アプリを開発した。

 アプリ開発には、東日本大震災や熊本地震で実家が被災したエンジニアや、防災士の資格を持つデザイナー、オーストラリア在住のデザイナー、地理空間情報のビジュアライゼーションに長けた開発者など、さまざまな背景を持つメンバーが参加したという。

 気象庁は、「災害をもたらす現象は、使徒と同じように、いつも違った形で突然やってくる。このアプリは、そんな緊急時に、みなさまの避難の判断をしっかりと支援してくれる」などとコメントを寄せている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.