ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年09月05日 16時02分 公開

新Apple Store旗艦店「Apple 丸の内」をマニア目線で内覧してきた (1/2)

9月7日10時にオープンするApple 丸の内に潜入してじっくりチェックした。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Appleは9月7日に三菱ビルにオープンする「Apple 丸の内」のメディア向け内覧会を開催した。

photo Apple 丸の内

 日本で9番目、東京エリアにおいては5番目のApple Storeで、過去18カ月間にオープンした「Apple 新宿」「Apple 京都」に続く3番目のApple Storeとなる。

 米Appleアジア&太平洋地域担当シニアマーケットディレクターのダニー・トゥーザ氏が、Apple 福岡天神をさらに広い場所に移転し「Apple 福岡」として、9月後半にオープンすると発表した。2019年末までにもう1店舗オープンする予定であることも明らかにしている。

photo 米Appleアジア&太平洋地域担当シニアマーケットディレクターのダニー・トゥーザ氏

 コーナー部分で3次元の丸みを得るために、菊川工業が特別に加工したアルミニウムから作られた、高さ2階分のヴィトリン·スタイルのショーウィンドウを備えている。

photo 菊川工業のアルミニウム製ショーウィンドウ

 このデザインは、三菱ビルの外観ウィンドウからインスピレーションを得たデザインだそうだ。その内側は、ウインドウ開口部に沿うように国内産の竹が設置されており、外の雰囲気を内側に引き込んでいる。

photo 竹が設置されているApple 丸の内

 店内に竹を植える装飾は、マカオにある「Apple 金沙廣場」で導入された事例がある。

 高さ約3メートル、幅約7メートルの壁面埋込型6Kビデオウォールと、自由に持ち運びできるイスが置かれた「フォーラム」と呼ばれるイベントスペースが設置されている。

photo Apple 丸の内 ビデオウォール

 このフォーラムエリアは約7.3メートルの吹き抜け構造となっている。

 Apple 丸の内は国内最大のApple Storeであり、床面積がかなり広くなっている。

photo Apple 丸の内

 1階はApple製品を実際に触れる展示フロアとなっていて、一部、Today at Appleなどが行えるテーブル構成になっていた。

 Apple Michigan Avenueと同じ特徴で、石灰岩に砂を吹きつけた壁、環境に配慮したホワイトオーク材を使った天井が使用されている。

photo Apple 丸の内

 通常、この木材使用の天井はかなり高さがあるのだが、Apple 丸の内では低い位置になるため、材質感による和らぎを感じられると思う。

       1|2 次のページへ

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.