ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年09月05日 21時07分 公開

ソニー、「Xperia 5」発表 コンパクトで軽いフラグシップモデル 今秋以降発売

6.1型でアスペクト比21:9のワイドスクリーンに、米QualcommのハイエンドSoC「Snapdragon 855」を搭載する。

[ITmedia]

 ソニーモバイルコミュニケーションズは9月5日(現地時間)、ドイツ・ベルリンで行われている国際家電見本市「IFA 2019」で、フラグシップモデルのスマートフォン「Xperia 5」を発表した。6.1型でアスペクト比21:9のワイドスクリーンに、米QualcommのハイエンドSoC「Snapdragon 855」を搭載する。日本などで今秋以降発売する。価格は未定。

ソニーモバイルコミュニケーションズがIFA 2019で発表した「Xperia 5」(発表の中継動画より)

 同社が2月に発表した約6.5型のフラグシップモデル「Xperia 1」を小型・軽量化したモデル。重量は約166グラムで、Xperia 1(約180グラム)から約14グラム軽量化した。ディスプレイは2520×1080ピクセルの有機ELで、スクリーンサイズが小型化した分、Xperia 1(3840×1644ピクセル)から画素数を減らしている。

 背面カメラはXperia 1と同じく、焦点距離52mm(F2.4)、26mm(F1.6)、16mm(F2.4)のトリプルレンズ構成。有効画素数は約1200万画素。同社のミラーレスカメラが搭載している、人の瞳を検出してフォーカスを合わせる「瞳AF」を利用できる。

手に持ったときのサイズ感
4色展開
バトルゲーム「フォートナイト」が21:9に対応 「デュアルショック4」コントローラーで操作できる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.