ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2019年10月16日 17時13分 公開

KDDIの端末最大半額プラン、1カ月でスピード廃止 政府の批判受け

KDDIが、10月から提供を始めていた「アップグレードプログラムDX」を31日に終了。代わりに11月から機種代金の最大3分の1を免除する代替策を始める。

[谷井将人,ITmedia]

 KDDIは10月16日、単品販売するスマートフォンの機種代金を最大半額免除するとして10月から提供を始めていた「アップグレードプログラムDX」を31日に終了すると発表した。代わりに11月から回線契約とともに購入した機種代金の最大3分の1を免除する代替策を始める。政府からの批判を受け、プログラムを見直した。

photo

 11月からは新たに「アップグレードプログラムNX」を始める。auの回線契約があり、対象の機種を36回分割払いで購入したユーザーがプログラムを利用できる。25カ月目以降に機種変更した際、使っていた端末を返却すれば未払い分の機種代金を免除する。プログラムの利用料は無料で、KDDIが指定する端末への機種変更も不要。購入できる端末にはauのSIMロックがかかっており、解除はできない。

 プログラムの受付はauショップ、au取扱店、au Online Shopで行う。

 電気通信事業法の一部改正により、10月から回線契約と端末をセットで販売する場合、端末の割引上限額が2万円に制限された。対して、KDDIは回線契約を必要としない端末の単体販売を開始し、アップグレードプログラムDXで最大半額の割引を提供するとしていた。しかし、プログラムの利用料として端末代金とは別に合計9360円(月額390円×24カ月)を支払う必要があり、実際には半額以上の負担が発生するため、総務省や消費者庁から消費者の誤解を招くと批判されていた。

photo アップグレードプログラムDXは1カ月で廃止に

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.