ITmedia NEWS >
ニュース
» 2019年10月23日 07時57分 公開

iPad版PhotoshopはAdobe MAX 2019で正式リリース Illustrator for iPadも開発中

Adobeは、Adobe MAX 2019において不完全Photoshop for iPadを正式リリースし、Illustrator for iPadを開発中だと明らかにする予定。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Adobeは2019年11月4日から開催する「Adobe MAX 2019」において、Photoshop for iPadを正式リリースするのに合わせ、次のiPad用アプリとして「Illustrator for iPad」を開発していることを明らかにし、2020年にリリースする予定だと明らかにする計画だと、Bloombergが伝えている

 また、Bloombergの別記事では、Photoshop for iPadは完全なPhotoshopにはほど遠い実装レベルでリリースされるとも伝えている。

photo Photoshop for iPad

 この件に関して、AdobeのCreative Cloud担当執行副社長兼CPOであるスコット・ベルスキー氏は、アプリが実際にいくつかの重要な機能なしでリリースされることを認め、後のアップデートで追加される予定だと説明し、iPadユーザー向けに強力なアプリを提供するためにAppleと懸命に取り組んでいると述べたという。

 ただ、そうしたアップデートによる機能実装はかなり時間がかかるようだ。

 Adobeは、Adobe MAX 2019において、買収したAllegorithmic Labsの製品で、ゲーム開発などに使用できる3Dテクスチャー作成ツール「Substance Painter」の最新版と、Adobe Creative Cloud製品との連携について説明すると予想される。

photo Substance Painter

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.