ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年11月06日 21時22分 公開

コロプラ、19年9月期は最終利益74.5%減 「ドラクエウォーク」が救世主になるか

コロプラが2019年9月期の通期連結業績を発表。売上高が前年比15.0%減の389億2000万円、営業利益が57.5%減の29億5200万円、最終利益が74.5%減の10億7000万円と減収減益だった。既存タイトルが不調だったが、9月12日に「ドラゴンクエストウォーク」をリリースしてから改善の兆しを見せている。

[ITmedia]

 コロプラが11月6日に発表した2019年9月期の通期連結業績は、売上高が前年比15.0%減の389億2000万円、営業利益が57.5%減の29億5200万円、最終利益が74.5%減の10億7000万円と減収減益だった。

 「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」「白猫プロジェクト」といった既存ゲームの不調が響いた。海外展開中のタイトルも低調に推移した。

photo コロプラの2019年9月期の通期連結業績

 しかし、コロプラの連結業績は9月12日に「ドラゴンクエストウォーク」をリリースしてから改善の兆しを見せている。19年7〜9月期の売上高は、前四半期比42.5%増の113億4100万円に拡大。営業利益は24億5900万円で、前四半期の0円(収支トントン)から大きく伸びた。

 同社の四半期決算が増収に転じるのは4四半期ぶり。ドラクエウォークの売り上げが19年7〜9月期に寄与した期間がわずか2週間であることを考慮すると、その収益性の高さがうかがえる。

photo コロプラの四半期ごとの業績推移

 ドラクエ効果もあり、20年9月期の既存タイトル全体の減収率は前期の20〜30%程度に収まる見込み。新規タイトルは3〜4本リリースする予定だ。同社は「『DQウォーク』に続き、『新しい遊び方の提案』を含むタイトルを開発中」としている。

 「新作の予測が困難である」とし、通期連結業績予想は非開示としている。

photo 「ドラクエウォーク」はコロプラの救世主になるか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.