ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年11月14日 11時12分 公開

「Docker Enterprise」をMirantisが買収 Dockerは開発者ビジネスに専念

コンテナ管理サービスのDockerが、エンタープライズ事業をクラウドサービスのMirantisに売却した。Dockerは開発者事業にフォーカスしていく。Mirantisは「Docker Enterprise」のブランドを残し、Dockerと協力していく計画。

[ITmedia]

 米クラウドサービスのMirantisは11月13日(現地時間)、米コンテナ管理サービスのDockerから「Docker Enterprise」事業を買収したと発表した。買収総額などの詳細は公表されていない。Dockerは同日、米Benchmark Capitalなどから3500万ドル(約38億円)の出資を受け、開発者向けビジネスにフォーカスしていくと発表した。

 docker

 Docker EnterpriseはDockerの主力サービスだったが、同社は発表文で、立ち上げ以来中核としてきた開発者事業と成長中のエンタープライズ事業は非常に異なるビジネスであるため、エンタープライズ事業を手放して開発者事業に集中すると説明した。

 Dockerは現在CTO(最高技術責任者)を務めるスコット・ジョンストン氏をCEOに指名し、新たな体制下でDocker DesktopおよびDocker Hubに注力していく。

 MirantisはDocker Enterpriseのブランドをそのまま残しつつ、コンテナ基盤製品事業を拡充し、Kubernetesでの革新を加速するとしている。両社は今後も相互運用性を確保するよう協力していく。

 FAQページによると、Docker EnterpriseのサポートチームごとMirantisに移行するので、顧客にとっては当面大きな変更はないという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.