ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年11月21日 14時17分 公開

AR対応の「Minecraft Earth」、アーリーアクセス版が日本でプレイ可能に

「Minecraft Earth」のアーリーアクセス版(iOS/Android)が、日本でのプレイに対応。ARの技術を活用し、現実世界に建築物をオーバーレイして遊べる。β版にはなかった、仲間と協力プレイできる「アドベンチャー」機能と新キャラクターが追加。

[ITmedia]

 日本マイクロソフトは11月21日、米Microsoftが開発したスマートフォンゲーム「Minecraft Earth」のアーリーアクセス版(iOS/Android)が、日本国内でのプレイに対応したと発表した。AR(拡張現実)の技術を活用し、現実世界に建築物をオーバーレイして遊べるのが特徴。

photo 「Minecraft Earth」のアーリーアクセス版(iOS/Android)が、日本でのプレイに対応

 今夏から一部ユーザーに提供していたβ版に、仲間と協力プレイできる「アドベンチャー」機能と、「泥だらけの豚」「ジャンボウサギ」「きのコッコ」などの新しいモブ(キャラクター)を追加した。正式リリースに向け、今後も機能追加を継続するという。

 アドベンチャー機能の構築に当たっては、ゲーム運営に必要なデータベースやユーザー管理機能などを提供する「Azure PlayFab」、空間のトラッキング情報を複数の端末間で共有可能にする「Azure Spatial Anchors」といった自社のクラウドサービスを活用したとしている。

 同社は「これからも新しいアイデアを考え、追加していきます。アーリーアクセスはまだ始まりにすぎません」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.