ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年11月21日 17時32分 公開

アマゾンが「Paidy翌月払い」に対応 クレカ以外の後払い手段を拡充

アマゾンジャパンが、商品代金を発送の翌月に支払える「Paidy翌月払い」を導入。クレジットカードを持っていない顧客や、オンラインでのカード利用を控えたい顧客のニーズに応える。

[ITmedia]

 アマゾンジャパンは11月21日、Amazon.co.jpに金融ベンチャーのPaidyが提供するオンライン決済サービス「Paidy翌月払い」を導入したと発表した。利用者は、商品代金を発送の翌月に支払える。

photo

 支払い画面でPaidy翌月払いを選択すると、氏名、メールアドレス、携帯電話番号を登録するだけで商品を注文できる。発送翌月の1〜3日にメールとSMSで請求案内が届き、同月10日までにコンビニ払い、銀行振り込み、口座振替で支払うと取引が完了する。

 アマゾンジャパンは既に、クレジットカードやキャリア決済(d払い、auかんたん決済)などの後払い決済に対応している。Paidy翌月払いの導入によって、後払いの手段をさらに拡大し、クレジットカードを持っていない顧客や、オンラインでのカード利用を控えたい顧客のニーズに応える。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.