ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2019年11月21日 18時08分 公開

アセンション島から謎の不在着信、報告相次ぐ 折り返すと高額請求、その手口は?

「+247」から始まる電話番号から不審な不在着信があったという報告がTwitter上で相次いでいる。

[山口恵祐,ITmedia]

 「アセンション島から電話がかかってきた」「折り返したら、英語のメッセージが流れて切れた」──11月21日、「+247」から始まる電話番号から不審な不在着信があったという報告がTwitter上で相次いでいる。折り返し電話をかけると高額な通話料が発生する可能性があるため注意が必要で、その正体は国際電話を使ったワン切り詐欺だ。

photo ※写真はイメージ

 +247から始まる電話番号は、西大西洋にある英国領の火山島・アセンション島のもの。日本国内から携帯電話でアセンション島に電話をかけると、NTTドコモは120〜180円(30秒)、KDDIは85円(30秒)、ソフトバンクは199円(30秒)の国際通話料が発生する。

photo アセンション島の場所は?

国際電話を使ったワン切り詐欺、その手口は

 大手3キャリアは、海外からの不審な国際電話に注意するように呼びかけている。ドコモによれば、これらは国際電話を使った「ワン切り詐欺」の一種で、ワン切りをされた人が国際電話をかけると、発信国と受信国の双方に電話料金が支払われる。その料金の一部がマージンとして犯人に支払われる仕組みだといわれている。日本の詐欺グループが現地の電話会社に電話番号を渡している可能性があるという。

photo ドコモのWebサイトより

 今回も同様の手口とみられる。大手3キャリアが提供している迷惑電話の拒否サービスは国際電話に対応していないため、着信履歴に残る電話番号に心当たりが無い場合、不用意な折り返しはしないなど自衛が必要だ。

【訂正:2019年11月21日午後8時30分 記事初出時、一部の国際通話料を誤って記載していました。訂正しておわびいたします。】



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.