ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年12月06日 12時57分 公開

自治体IaaSの障害、全面復旧は週明けに 「データ全消失」のうわさは否定

自治体向けIaaS「Jip-Base」で障害が発生し、全国約50の自治体のシステムに影響が出ている件で、日本電子計算が「12月9日の全面復旧を目指す」と発表。

[ITmedia]

 NTTデータ傘下の日本電子計算が提供する自治体向けIaaS「Jip-Base」で障害が発生し、全国約50の自治体のシステムに影響が出ている件で、同社は12月6日、「9日の全面復旧を目指す」と発表した。同社は「検証を慎重に進めているため、復旧作業に時間を要している」という。

photo 日本電子計算の発表より

 トラブルは4日午前11時ごろから発生。原因はストレージに付随するファームウェアの故障という。この影響を受け、東京都や愛知県など一部の自治体では、税務処理や戸籍管理のシステムが使えない状態が続いている。

photo 影響が出ている自治体

 同社は9日の全面復旧を目指しているが、「Jip-Base上で稼働している業務システム(住民票の発行など)は、当社単独では復旧できない。当社から全面復旧の期日は発表できない」と説明している。

「データ消失はない」

 障害発生後、ネットでは「データが全消失したのではないか」などと懸念する声が上がっている。これに対し、同社の広報担当者は「現在のところデータ消失はないと認識している」という。

 また「Hewlett Packard Enterprise(HPE)製のストレージに使われている、SAS SSDのファームウェアの不具合に起因するのではないか」という憶測(おくそく)も出ているが、同広報担当者は関連を否定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.