ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年12月06日 17時05分 公開

ソフトバンク、3Gサービスを24年1月下旬に終了 「周波数の有効活用を進める」

ソフトバンクが2024年1月下旬に3Gサービスを終了すると発表。「LTEサービスが普及したため、周波数の有効活用を進める」という。終了後は「5S」以前のiPhoneをはじめ、古いモデルのスマートフォン・フィーチャーフォン・タブレットが利用できなくなる。

[ITmedia]

 ソフトバンクは12月6日、2024年1月下旬に3Gサービスを終了すると発表した。「高速で高品質なLTEサービスが普及したため、周波数の有効活用を進める」と説明している。終了後は「5S」以前のiPhoneをはじめ、古いモデルのスマートフォン・フィーチャーフォン・タブレットが利用できなくなる。

photo ソフトバンクによる発表

 利用できなくなる端末はこの他、ソニーの「Xperia Z3 401SO」、富士通の「ARROWS A 101F」、第1世代の「iPad」と「iPad 2」「iPad 3」など。LTEに対応していても、高音質通話サービス「VoLTE」に非対応の端末は利用不可となる。

 iPhone向け「ホワイトプラン」、iPhone/Android向け「バリューパック」「ブループラン」「オレンジプラン」、フィーチャーフォン向け「スマ放題」――など、3G対応の旧プランも終了する予定。

photo 利用できなくなる端末の一部
photo 利用できなくなるプランの一部

 サブブランド「Y!mobile」でも、一部の端末が利用できなくなったり、音声通話が使えなくなったりする。

 同社は「今後も高速・大容量で安定した通信サービスの提供を促進することで、顧客満足度の向上を目指す」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.