ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年12月10日 16時10分 公開

近鉄百貨店、クラウド型管理会計システムを導入 予実管理をスピーディーに

近鉄百貨店が、クラウド型管理会計システムを導入。予実管理に要する時間を短縮し、店舗運営を効率化する狙い。採用したシステムは米Oracleの「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」(PBCS)。

[吉澤亨史,ITmedia]

 SIerのTISはこのほど、近鉄百貨店のクラウド型管理会計システムの導入を支援したと発表した。近鉄百貨店が予実管理に要する時間を短縮し、店舗運営を効率化する狙い。

photo 近鉄百貨店の公式サイト

 近鉄百貨店が採用した管理会計システムは、米Oracleの「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」(PBCS)。計10店舗・約9000の売場に導入した。PBCSは、営業情報システムや基幹会計システムと連携して売上情報や会計情報を取り込み、店舗ごとの予算・実績の差異を自動算出する機能を持つ。

 近鉄百貨店が過去に使っていた管理会計システムでは、店舗ごとの月次実績しか自動集計できなかった。そのため「特定の店舗のフロアだけの収支」「全店舗の婦人服売場の収支」など、詳細なデータを把握するためには、システムから書き出されたデータをExcelで集計・加工する必要があり、データがそろうまでに10日間ほどを要していた。

photo 近鉄百貨店の管理会計の仕組み

 Oracle PBCSへの移行後は、月次実績の締め日のうちに、導入した全店舗と売り場の予実対比を閲覧できるようになり、集計・分析作業の大幅なスピード化を実現したという。

 TISが、近鉄百貨店の現場でシステムを利用する担当者約170人にトレーニングを行ったことも、素早い定着につながったとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.