ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2019年12月13日 12時00分 公開

雄大な阿蘇山をドローンが撮影、リアルタイムでVR化 5G活用、KDDIなど実験

KDDIなどがドローンで撮影した阿蘇山などの映像を、5Gを活用してVRゴーグルにリアルタイムに伝送する実験を行った。観光促進の他、防災・減災にも活用する。

[ITmedia]

 KDDI、東海大学、熊本県南阿蘇村などは12月13日、ドローンに搭載した360度カメラで撮影した映像を、5Gを活用してVRゴーグルにリアルタイムで伝送する実験を行ったと発表した。観光客向けに阿蘇の雄大な景色を撮影・提供する他、災害時には現場の状況を迅速に把握するために利用する考えだ。

photo ドローンからVRゴーグルへ映像を伝送し、映像を視聴

 実験は12月6〜13日に、道の駅「あそ望の郷くぎの」(南阿蘇村)で実施した。2機のドローンに搭載した360度カメラで阿蘇の景色を撮影し、5Gアンテナ、映像サーバを経由してVRゴーグルに伝送した。事前に、人が立ち入れないエリアや熊本地震の被害を受けた建物なども撮影。これらの映像とリアルタイムに撮影している映像を、自由に切り替えながら視聴できるかどうかも検証した。

photo 実験のイメージ

 ドローンに搭載した4Kカメラの高精細映像を5Gで伝送し、映像を見ながらドローンを制御する実験も行った。

photo 実験のイメージ

 実験にはKDDI、東海大学、南阿蘇村の他、空撮やVR映像の制作を手掛けるエア・カメラ、ドローンエンジニアチームのAgridが参加。KDDIが5Gエリアの設計・構築、映像伝送システムの構築、東海大学が実験の企画提案、南阿蘇村が場所の提供、エア・カメラがVR映像制作、360度カメラ搭載ドローンの操縦・制御システムの構築、Agridが4Kカメラ搭載ドローンの操縦・制御システムの構築を行った。

 今後もKDDIなどは「5Gなどのテクノロジーを活用し、地域産業の発展に貢献していく」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.