ITmedia NEWS >
ニュース
» 2020年01月06日 11時32分 公開

Mac Pro (2019) のディテールをチェック 先代タワーから改良されたポイントは? (1/4)

新しいタワー型Mac Proは旧型タワーとどう違うのか? 細部に至るまでチェック。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Appleが販売するプロ向けタワー型Mac「Mac Pro (2019) 」を細部に至るまでチェックしてみた。

photo Mac Pro (2019)

 サイズは高さ52.9センチ、幅21.8センチ、奥行き45.0センチ、重さ18.0キロだ。

 旧タワー型MacのMac Pro (Mid 2012) のサイズは、高さ51.1センチ、幅20.6センチ、奥行き47.5センチ、重さ18.7キロだった。

 Mac Pro (Mid 2012) を使用し続けているユーザーにとっては、作業環境におけるサイズ感は、あまり変わらないと思う。

 同梱品は、シルバー/ブラックカラーのMagic Keyboard(テンキー付き)とMagic Mouse 2、ブラックカラーでファブリックケーブル仕様のApple USB-C - Lightningケーブル(1メートル)、ブラックカラーでファブリックケーブル仕様の電源コード(2メートル)、ブラックカラーのAppleロゴステッカーが2枚。

photo Mac Pro (2019):同梱品

 Mac Pro (2019) には、Thunderbolt 3ポートが2基、USB-Aポートが2基、3.5ミリヘッドフォンジャックが1つある。

 これらは「Apple I/O カード」として、スロット8にあらかじめ装着されている。

photo Mac Pro (2019):Apple I/O カード

 Mac Pro (2019) の電源コネクタは、3ピンソケット仕様(IEC-60320-C13)となっている。

photo Mac Pro (2019):3ピンの電源コネクタ

 Mac Pro (Mid 2012)は背面上部に装備されていたが、Mac Pro (2019) は背面下部に装備されている。

 Mac Pro (Mid 2012) の場合、側面パネルを取り外して内部アクセスできたが、Mac Pro (2019) の場合は上部のラッチを立たせて左に回し、アルミニウム筐体のロックを解除する。

photo Mac Pro (2019)

 その後、アルミニウム筐体をまっすぐ上に持ち上げ、Mac Pro (2019) から取り外す。

 内部筐体のトップには、電源ボタン下にポゴピンがある。

photo Mac Pro (2019)
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.