ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2020年01月10日 18時35分 公開

他人の口の動きをまねできる技術、東大発ベンチャーとドコモが開発

頬に装着したデバイスから口周りの筋肉に電気刺激を与え、他人の口の動きを再現する技術を、東大発ベンチャーのH2LとNTTドコモが開発した。

[ITmedia]

 東大発ベンチャーのH2LとNTTドコモは1月10日、他人の口の動きや表情を自分の顔でリアルタイムに再現する技術「Face Sharing」を開発したと発表した。頬に装着したデバイスに電気刺激を与えることで、口の動きを模倣する仕組み。他者の口の動きを体験できるため、プレゼンテーションの練習などに役立つことが期待されるという。

photo 「Face Sharing」使用イメージ

 まねする側は、頬に専用デバイスとスピーカーを装着する。話者がマイクに向かって発話すると、デバイスを通して電気刺激が与えられる。口を開閉するタイミングや声の大きさによって刺激が異なり、口の動きを再現できるとしている。話者が話した内容をスピーカーから再生することも可能。表情は、話者の顔をカメラで撮影し、自分の目元に投影することで、まばたきなどを再現する。

photo Face Sharingの仕組み

 音声信号や映像を転送するのに5Gを利用しており、離れた場所にいてもリアルタイムで口の動きや表情を再現できるとしている。今後、複数人での同時体験も期待できるという。

 将来的に、口の動かし方の伝達が難しい外国語の発音や演技の習得などに役立てることを目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.