ITmedia NEWS >
連載
» 2020年01月17日 12時00分 公開

明日から使えるITトリビア:「5Gと5GHzを混同?」「SNSのギガ?」──勘違いしやすい「G」の見分け方 (5/5)

[安田晴香,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

USB4の最大伝送速度は40( Gbps )になる

 この問題では、USBの次世代規格「USB4」や「伝送速度」がポイントだ。bpsはbits per secondの略で、1秒間に何ビットの情報を送信できるかを表したデータ伝送速度の単位。数字が大きくなると、k(キロ)、M(メガ)、G(ギガ)となり、Gbpsは1秒間に何ギガビットのデータを伝送できるかを表す。

photo USB規格の管轄団体USB Implementers Forumによる発表

意味を知って、略さず使おう

 以上のように選択肢の意味を知っていれば、前後の言葉や内容から正解を導き出せる。ただし5GHzと5Gを混同した例のように、単位が省略されていたり元の意味を把握していなかったりすると、勘違いや誤った使い方をしてしまう可能性もある。

 正しい知識を持つことはもちろん、自分がこれらの言葉を使う際は「ギガ」など略称をなるべく用いず前後の言葉を補うと、周囲とも誤解が生じにくいかもしれない。

 今回紹介した以外にも、世の中にはさまざまな単位や名称にあふれている。意味や違いを認識した上で、正しく使えるようにしたい。

前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.