ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
調査リポート
» 2020年01月22日 18時28分 公開

「働きがいのある企業」ランキング、Googleを抜いて1位だったSaaSベンダーとは……?

オープンワークが「働きがいのある企業ランキング」を発表した。従業員の士気の高さ、風通しの良さ、待遇面の満足度など8項目を調査したもの。首位はクラウド型の顧客管理システムなどを手掛けるセールスフォース・ドットコムだった。

[ITmedia]

 企業の口コミサイトを運営するオープンワークは1月22日、社員から「働きがいがある」と高評価されている日本企業のランキングを発表した。従業員の士気の高さ、風通しの良さ、待遇面の満足度など8項目を調査し、独自のアルゴリズムで点数を算出。首位はクラウド型の顧客管理システムなどを手掛けるセールスフォース・ドットコムだった。

photo セールスフォース・ドットコムの公式サイト

 同社の社員からは「非常に働きやすい。外資ならではのドラスチックな環境ではなく、育成のプログラムが組まれている。全社を挙げて目標達成者を祝福する文化が強く、社員のモチベーションになっている。昇進などのキャリアプランも複数ある」「エネルギッシュで成長できる環境だ」などの声が集まった。

 ただ、「(事業展開や変化の)スピードが早い環境のため、落ち着いて仕事をしたい人には向かないかもしれない」との声もあった。

 2位はGoogle日本法人だった。「世界的に優秀な人が集まる会社で働けるため、働きながら世界最先端のビジネスを垣間見ることができる」「裁量が非常に広く、目標に貢献していれば、どこでどのように働いても気にしないマネジャーが多い。組織の意思決定の透明性も高い」といった意見が出た。

photo 「働きがいのある企業」ランキング(1〜30位)

 3位はプロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)、4位はボストン・コンサルティング・グループ、5位は三井不動産――と続いた。IT関連企業では上位2社の他、シスコシステムズ(7位)、Apple Japan(20位)が上位に入った。

 シスコは休暇を取得しやすく、ワークライフバランスが優れているという。Apple Japanは、社員の立場に関係なくファーストネームで呼び合う文化があるなど、風通しの良い社風だという。

 調査では、2018年7月〜19年12月に寄せられた約8万件の口コミを分析した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.