ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年01月30日 00時01分 公開

ドラクエウォーク、上級職の追加で転職ラッシュ

「ドラゴンクエストウォーク」で「バトルマスター」「賢者」「レンジャー」という3つの上級職が実装され、さっそく転職ラッシュが起きています。

[ITmedia]

 スマートフォンゲーム「ドラゴンクエストウォーク」(iOS/Android)で「バトルマスター」「賢者」「レンジャー」という3つの上級職が実装され、さっそく転職ラッシュが起きています。

転職完了

 上級職は基本ステータスが高めに設定されている他、モンスターの「こころ」を装備するスロットも1つ増えて4つになりました。また、まれに「職業固有特性」と呼ばれる特殊効果が発動して戦闘が有利に。例えば賢者の職業固有特性「やまびこ」は、同じ呪文を2回連続して唱えます。2度目は威力が落ちるとはいえ、呪文攻撃が倍になるのですから、その強さを想像できるのではないでしょうか。

賢者。モンスターの「こころ」が4つ、それも魔法使い向け(紫)と僧侶向け(緑)の両方のこころが使用できます

 転職の条件は、2つの基本職をレベル50にすること。賢者の場合は「魔法使い」と「僧侶」、バトルマスターは「戦士」と「武闘家」、レンジャーは「武闘家」と「盗賊」。ハードルは決して低くありませんが、ネット上ではさっそく転職したプレーヤーたちの報告が相次いでいます。

 著名人も例外ではありません。

 ストイックなプレイスタイルで知られる有吉弘行さんは1月28日、「今日から上級職開放。頑張りましたが中だるみしちゃって、総レベル1072。1100には至らず。。また地道に頑張ります。」とツイートしました。

 1100というのは、4人のパーティー全員が、5つの基本職(戦士、武闘家、魔法使い、僧侶、盗賊)全てで上限レベルの55に達したときの数字。さすがのガチ勢っぷりに脱帽です。今後は上級職を含めた1760が目標になるのでしょうね。

 「歴史秘話ヒストリア」(NHK)テーマ曲などで知られる作曲家の梶浦由記さんは、時間を効率的に使いました。「上級職が来たというのでスタジオの待ち時間にすかさず転職するわたし。(ドラクエであるくやつ)」と画面キャプチャーを添えてツイート。このとき、バトルマスター、レンジャー、賢者は既にレベル18になっていました。

 あのタニタ公式Twitterの中の人も転職を決意した勇者の一人です。

 ただ、ご本人のキャラクター「タニタ」は、基本職の盗賊のまま。連れの「セガ」「シャープ」「キングジム」を転職させたようです。いい会社なのに。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.