ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年02月05日 11時15分 公開

Twitter、ディープフェイク対策の新ルール 削除あるいはラベリング

Twitterが、「利用者を欺くことを意図して改ざんまたはねつ造されたメディア」対策の新ポリシーを発表した。対象となるコンテンツはラベル付けあるいは削除される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは2月4日(現地時間)、「合成または操作されたメディアに関するポリシー」を発表した。いわゆるディープフェイクやチープフェイクを含む投稿の対策が目的だ。昨年11月に実施したアンケートの結果を反映させたとしている。

 新ポリシーの下、Twitterは「利用者を欺くことを意図して改ざんまたはねつ造されたメディア(動画、音声、写真)が含まれるツイートにラベル付け」をするか、ツイートを削除する。ラベル付けは3月5日から開始する。

 ラベル付けあるいは削除の対象となるツイートやメディアの判断基準は3つ。

  • 利用者を欺くことを意図して大幅に改ざんされていたり、ねつ造されているか
  • 利用者を欺くことを意図して共有されているか
  • 公共の安全に影響を及ぼしたり、深刻な損害をもたらしたりする可能性が高いか

 このいずれか1つに該当する場合はラベル付けされる可能性が高く、すべてに該当する場合は「削除される可能性が高い」(必ず削除するとは限らない)。

 fake ツイートのラベル付けあるいは削除の判断基準

 削除されず、ラベル付けされたツイートをRT(リツイート)あるいは「いいね」しようとすると警告が表示される。また、ラベルの付いたツイートはあまり表示されないようになり、追加可能な場合はコンテキストの説明が追加される。

 fake 2 ラベルの付いたツイートの表示例

 Twitterを含む米IT各社は11月の米大統領選に向け、プラットフォームでの問題コンテンツ対策を進めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.