ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2020年02月07日 20時00分 公開

道路使用許可なし、警察の職質シーンも――富士フイルムのカメラ販促動画炎上、削除までの一部始終 (1/2)

富士フイルムがYouTubeで公開したカメラのプロモーションビデオがTwitter上で「盗撮を推奨しているようだ」と指摘され、炎上した。PVの企画意図から配信停止までのいきさつを同社に聞いた。

[谷井将人,ITmedia]

 富士フイルムが2月5日にYouTubeで公開したプロモーションビデオ(PV)が、Twitter上で「盗撮を推奨しているようだ」などと指摘され、炎上している。同社は指摘を受けた動画を公開から数時間で配信停止し、「視聴者に不快感を与える動画が掲載された」として謝罪した。

photo 鈴木さんのツイート(ツイート削除済み/モザイク加工はねとらぼ編集部によるもの)

 問題のPVの内容は、写真家・鈴木達朗さんが富士フイルムの新型コンパクトデジタルカメラ「X100V」でストリートスナップ写真を撮るというもの。鈴木さんは動画の中で、町ゆく人々に突然カメラを向け、通行を邪魔しながら撮影して通り過ぎるという行為を繰り返している。

 カメラを向けられた人がとっさに顔を背ける様子や、鈴木さんが警察から職務質問を受けているような場面もあった。Twitter上では「嫌がらせだ」「富士フイルムは盗撮を推奨しているのか」といった反応も見られた。

 町中で建物や通行人を撮影するストリートスナップは、自然な写真が撮れる点や人々の日常を捉えた資料ができる点で一定の評価を受けている一方で、肖像権やプライバシーの問題もあり賛否両論ある。

 ITmedia NEWSは富士フイルムに、PVの制作から配信停止までのいきさつを聞いた。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.