ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年02月14日 07時28分 公開

第2回【名古屋】HR EXPO:働き方改革関連法施行に伴う勤怠管理システム、多数展示 AI残業予想、動くスマート家具も (1/2)

この4月から働き方改革関連法が中小企業にも適用される。差し迫った課題に対応するためのシステムが多数展示されている。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 2020年2月12日〜14日の期間、ポートメッセなごやにて「第2回【名古屋】HR EXPO」が開催されている。

photo 第2回【名古屋】HR EXPO

 働き方改革関連法が、大企業を対象に2019年4月より施行されている。2020年4月からは中小企業にも適用されるため、全ての企業において、時間外労働の上限規制、有給休暇の消化義務などの管理が必要になる。

 違反企業や労務担当者には、6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられるため、管理システムへの注目度が上がっている。

富士通エフサス

 富士通エフサスが、勤怠管理ソリューション「TIME CREATOR」を展示していた。

photo TIME CREATOR

 同社は10年以上前からサービス提供していて、PC強制シャットダウン機能などを搭載した高い機能性により、日本で最も多く導入されているシステムだ。

 TIME CREATORは、パソコンのログオン・オグオフ情報を取得し、適正なパソコン稼働時間を記録することができる。

 出退勤記録とパソコン稼働ログを補完し、実労働時間を明確化することで、サービス残業を防ぐことが可能。

photo TIME CREATOR

 寝屋川市が導入し、費用対効果が明らかになったことで、自治体への導入が加速しているそうだ。

 ただ、このTIME CREATORは、Windowsシステムにしか対応していない。

ネオキャリア

 ネオキャリアが、SaaS型勤怠管理システム「jinjer勤怠」を展示していた。

photo jinjer

 人事・勤怠管理システム「jinjer」サービスの1つで、Google Chrome上で運用でき、MacやiPadでも利用できる。

 労働基準法の改正により変化した「36協定」の定義をサポートしている。

photo jinjer勤怠

 法改正への対応、有休や残業時間の管理、有休消化や残業時間に対してアラート、従業員の予算や実績、AIによる残業時間の予測といったことが1ユーザーにつき月額300円から運用可能。

       1|2 次のページへ

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.