ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年03月01日 07時52分 公開

Facebookアプリの3D写真投稿、AIで普通の写真からも可能に

Facebookアプリで、これまでポートレートモードで撮影した写真でのみ可能だった3D写真投稿が、普通の写真からも可能になった。AIに深度データを推測させることで可能にした。投稿できるのはiPhone 7以降や一部のPixelシリーズなどに限られる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは2月28日(現地時間)、3D写真投稿機能を更新し、ポートレートモード以外で撮影した写真を3D写真として投稿できるようにしたと発表した。

 3D写真は、2018年にまずはiPhoneのポートレートモードに対応し、その後GoogleのPixelシリーズにも対応した、立体的に見える写真を投稿する機能。

 AI技術により、2Dの画像を3Dに変換できるようになったという。写真上のピクセルのカメラからの距離を推定するようにニューラルネットワークを訓練し、深度データを推測できるようにしたと説明する。

 photo

 この技術で、過去の2D写真も3D写真として投稿できるようになった。投稿された3D写真は従来通り、Webアプリでも、どんなスマートフォンでも3Dとして表示できるが、3D写真を投稿できるのは「iPhone 7」以降、SamsungのGalaxy Note 8以降、GoogleのPixelシリーズ(Pixel 3Aは除く)などに搭載するFacebookアプリに限られる。

 対応する端末のFacebookアプリで投稿画面を開き、「3D写真」を選ぶと、端末内の写真ギャラリーが開くので、そこから3Dにしたい写真を選ぶだけだ。Pixel 4のカメラアプリの「カメラ」モードで撮影した写真でも3D写真になった。

 photo 2

 Googleの「Googleフォト」でもPixel 4では非ポートレートモードで撮影した写真で後からぼかし加工を追加できるようになっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.