ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年03月02日 11時59分 公開

ビデオ会議「Zoom」を教育関係者に無料提供 遠隔授業など支援 4月30日まで

ビデオ会議サービス「Zoom」が教育関係者向けに無料で提供される。新型コロナの感染拡大を受けた施策で、遠隔授業などを支援する。期間は4月30日まで。

[ITmedia]

 米Zoom Video Communicationsは3月1日、クラウド型ビデオ会議サービス「Zoom」を教育関係者向けに無料で提供すると発表した。期間は4月30日まで。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府が全国の小中高に臨時休校を要請したことを受け、無料提供に至った。

 遠隔での会議、授業、保護者会などにZoomを使ってもらい、休校中の学校運営を支援したい考え。期間中は1会議当たり最大300人が、時間制限・回数制限なしでZoomを使える。遠隔授業では49人までのビデオ画像を表示できる。500人まで参加できる遠隔セミナーも行える。

Zoom公式サイトより

 Zoomの無料プランでは本来、3〜100人のミーティングを1回当たり40分間のみ実施できるが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて機能を拡張した。申し込みは、Zoomの公式サイトで受け付ける。

【訂正:2020年3月2日午後4時30分 初出で「Zoom」の無料提供の主体が経済産業省となっていましたが誤っておりました。米Zoom社に訂正しました。】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.