ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年03月03日 11時08分 公開

新型コロナでTwitterとFacebookがSXSW不参加を表明

テキサス州オースティンで3月13日から開催予定の「SXSW 2020」に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への懸念のため、TwitterとFacebookが参加しないと表明した。SXSW自体は今のところ開催の予定だ。

[ITmedia]

 米テキサス州オースティンで3月13日(現地時間)から開催予定の文化フェスティバル「SXSW(South by Southwest)」への参加を、米Twitterが見送ると1日に発表した。米Facebookも米Business Insiderなどのメディアに対して不参加を表明している。いずれも新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への懸念のため。

 SXSWは毎年3月にオースティンで開催される音楽、映画、最先端技術に関する大規模なイベント。今年は13日〜22日に開催の予定だ。砂漠上に一時的に構築されるイベント会場で、多数のセッションや上映回、展示、先端技術のデモなどが行われる。

 TwitterとSquareの創業者でCEOのジャック・ドーシー氏も登壇する予定だったが、既に紹介ページは削除されている。Facebookは複数のセッションを予定していた。こちらのページは本稿執筆現在、まだ表示される。

 Twitterは公式ブログで1日、全従業員に出張およびイベント参加を禁止したと発表し、2日にそのブログを更新して従業員にできる限り在宅勤務するよう強く奨励したと追加した。日本、香港、韓国の従業員は在宅勤務が必須となった。

 FacebookはBusiness Insiderに対し「新型コロナウイルスに関する懸念のため、当社およびその従業員は今年のSXSWに参加しない」という声明文を送った。

 SXSWは本稿執筆現在は「最新の注意を払ってイベントを開催する」としている。

 sxsw

 Facebookは5月に予定していた年次開発者会議「F8 2020」を中止した。

 同日、米Googleは4月6日から開催予定だったクラウド関連の開発者イベント「Cloud Next」をオンラインイベントに切り替えると発表し、米Microsoftは3月15日から開催予定だった開発者向けイベント「MVP Global Summit 2020」をやはりオンラインイベントのみにすると発表した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.