ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年03月03日 12時05分 公開

LINE、機械学習エンジニアなどAI技術者の採用強化 21年中に200人に拡大

LINEが、機械学習エンジニアなどAIに詳しい技術者の採用を強化する。2021年中に現在の約2倍となる200人規模に拡大する計画。3月からはAI関連事業を1つの組織に集約し、AI技術の実用化を加速させる。

[ITmedia]

 LINEは3月2日、機械学習エンジニアなどAIに詳しい技術者の採用を強化する方針を示した。2021年中をめどに、現在の約2倍となる200人規模に拡大する考え。人材を確保し、AI技術を活用したサービスの実用化を早めるという。

 21年中をめどに、新たに約100人のAI技術者を採用する計画。これまでAI技術に関する組織は事業ごとに分かれていたが、3月からは1つに集約。AI技術者が集まる組織とAI関連サービスの各部署との連携を強化する。

 募集職種は、画像処理や自然言語処理、音声処理といった分野のエンジニアや、データサイエンティストなど8種。機械学習チームのプロジェクトマネジャー、プロダクトマネジャーも募集する。

 LINEは19年6月にAI技術を外販する「LINE BRAIN」を始めるなど、AI関連の事業を強化している。技術者の採用や組織間の連携を強化し、AI技術の早期実用化や、大規模データの活用によるサービス価値の向上などを目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.