ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2020年03月05日 11時44分 公開

東京都の新型コロナ対策サイト、GitHubでコード公開 修正提案受け付け

東京都が3月4日に開設した、新型コロナウイルス対策サイトが話題になっている。ソースコードをGitHubで公開して修正提案を受け付けるという、都の公式サイトとしては異例の、オープンソースの取り組みになっているのだ。

[岡田有花,ITmedia]

 東京都が3月4日に開設した、「東京都 新型コロナウイルス対策サイト」が話題になっている。ソースコードをGitHubで公開して修正提案を受け付けるという、都の公式サイトとしては異例の、オープンソースの取り組みになっているのだ。

画像 東京都 新型コロナウイルス対策サイト
画像 Githubより
画像 Githubより

 サイトでは、都内で新型コロナウイルス検査陽性が確認された人の数や、陽性患者の属性、コールセンターの相談件数などを、グラフや表で掲載。都の感染者数の推移が視覚的に分かる他、感染予防法や、気になる症状がある時の相談先などの情報をまとめている。

 ソースコードはGitHubで公開しており、Issue(課題)へのコメントや、プルリクエスト(修正に対するレビュー)を受け付けている他、デザインコラボレーションツール「Figma」でデザインファイルを公開している。

 サイトのデータは今後、「東京都オープンデータサイト」(準備中)で誰でも自由にダウンロード可能になる予定だ。

 GitHubのプリンシパルには、「都庁の人だけではなく、様々な人々とともに作る」「市民エンジニアの貢献を歓迎する」「情報を求める人達とともに、サイトを育てていく」といった狙いが書かれている。

 このサイトは、小池百合子都知事や、宮坂学副知事(元ヤフー社長)がTwitterで紹介して拡散。GitHubで修正依頼を受け付けていたり、Figmaのデザインファイルを公開していることに対して、エンジニアなどから驚きと称賛、「貢献したい」という声が集まっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.