ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年03月09日 13時55分 公開

KDDI、電子書籍配信サービス「ブックパス」を3月限定で無料に 臨時休校受け

KDDIが電子書籍の配信サービス「ブックパス」の3月分の月額料金を無料化。au回線契約の有無を問わず、読み放題プラン(税別380円〜同562円)の支払いを免除する。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府が全国の学校に臨時休校を要請したことを踏まえた。

[ITmedia]

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府が全国の学校に臨時休校を要請したことを受け、KDDIは3月9日、電子書籍配信サービス「ブックパス」の3月分の月額料金を無料にすると発表した。契約者は、読み放題プラン(雑誌のみ:月額税別380円/全ジャンル:同562円)を3月28日まで無料で利用できる。

photo KDDIの電子書籍配信サービス「ブックパス」

 ブックパスは、漫画、雑誌、小説など60万冊超の電子書籍を提供するサービスで、通常時は買い切り型のプランと月額制の読み放題プランを展開している。「au ID」を取得済みで、ブックパスに決済情報を登録しているユーザーは、au回線の通信契約がなくても利用できる。

 今回の施策では、無料期間中にブックパスを新規契約したユーザーは3月29日付で自動的に退会とし、翌月分の月額料金が発生するケースを防ぐ。既存会員の月額料金も自動で免除するため、対象者は申し込みなどを別途行う必要はない。

 KDDIは「新型コロナウイルスに伴い、学校が休校となったお子さまや外出困難なお客さまに、電子書籍による学習機会を提供します」としている。

photo KDDIによる発表

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.