ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年03月14日 07時20分 公開

ビル・ゲイツ氏、Microsoftの取締役を辞任 テクノロジーアドバイザーは継続

Microsoftの共同創業者、ビル・ゲイツ氏(64)が同社取締役を退任する。自身の慈善団体での取り組みへの関与を増やすため。テクノロジーアドバイザー職には留まる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは3月13日(現地時間)、共同創業者のビル・ゲイツ氏(64)が取締役を辞任すると発表した。サティア・ナデラCEOその他の幹部のテクノロジーアドバイザーは続ける。自身の慈善財団Bill&Melinda Gates Foundationでの世界の健康や気候変動への取り組みへの関与を増やすため。

 bill 1 ビル・ゲイツ氏(右)とサティア・ナデラ氏

 ゲイツ氏は2006年にMicrosoftのCEO退任を発表し、2014年には現会長であるジョン・トンプソン氏に会長職を譲った。その後は取締役およびテクノロジーアドバイザーとして同社に関わってきた。ゲイツ氏の退任で、Microsoftの取締役会は12人構成になった。

 同氏はLinkedIn(Microsoft傘下)への投稿で、「取締役は辞任するがMicrosoftから離れるわけではない。Microsoftは常に私の人生にとって重要だ。引き続き同社のビジョン形成と目標達成を支援していく」と語った。

 ゲイツ氏はウォーレン・バフェット氏の持株会社Berkshire Hathawayの取締役も辞任する。バフェット氏はBill&Melinda Gates Foundationの共同受託者であり、Giving Pledgeの共同設立者でもある。ゲイツ氏はこれらの取り組みでバフェット氏とのパートナーシップを継続するとしている。

 bill 2 ゲイツ氏(左)とウォーレン・バフェット氏

 同氏は2月、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策に財団から最大1億ドル(約109億円)を拠出すると発表した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.