ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年03月17日 12時19分 公開

機械メーカーのクボタ、Microsoftと提携 基幹システムをAzureに移行 DXを推進へ

米Microsoftとクボタが戦略的提携を締結。クボタは今後、SAPなどの基幹システムを「Microsoft Azure」に移行する。データとAIを駆使したビジネスも推進する。

[ITmedia]

 米Microsoftは3月17日、産業機械メーカーのクボタと戦略的提携を締結し、複数年にわたってクボタのデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援すると発表した。クボタは今後、オンプレミス環境で稼働していたSAPなどの基幹システムを「Microsoft Azure」に移行する他、データとAIを駆使したビジネスを推進する。

photo 米Microsoftとクボタが戦略的提携を締結

 クボタは現在、農業機械や水道管などの製品にセンサーを組み込み、農家が収穫したコメの品質をクラウド上に表示したり、水道管の詰まりや故障を検知したりするサービスを展開している。これからはAzureのAIサービスを活用できるため、「両サービスのさらなる精度向上が見込める」(クボタの広報担当者)としている。

 クボタはさらに、Microsoftの協力のもとで「AI Machine Learning Lab プロジェクト」という取り組みを始め、AI人材の育成や新規事業の立ち上げを行っていく方針だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.