ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2020年05月07日 15時52分 公開

10万円給付金をオンライン申請してみた 失敗しないために注意すべきポイントまとめ (1/4)

特別定額給付金のオンライン申請が5月1日から順次始まった。PCやスマートフォンの操作に不慣れな人にとっては注意すべきポイントも多いが、ネットを使った行政サービスとして評価できる面もあり、今後の進歩を期待したい。

[谷井将人,ITmedia]

 政府が国民に一律10万円を支給する「特別定額給付金」のオンライン申請が5月1日から順次始まった。7日に受け付けを始めた自治体も多く、連休明けから本格スタートを切った格好だ。記者が住む都内の自治体も受け付けを始めたので早速ネット申請を試みたが、PCやスマートフォンの操作に不慣れな人にとっては難しいだろうと思う場面もあった。

photo

 具体的な手順は特設サイトで解説されているが、実際に申請してみて分かった気を付けたいポイントをまとめた。

申請に必要なものは?

 給付金のオンライン申請にはマイナンバーカードが必要だが、実はカードがあれば申請を完結できるわけではない。実際のオンライン申請で用意するものは次の通りだ。

PCから申請する場合

  • マイナンバーカード
  • カード作成時に登録した「署名用電子証明書の暗証番号(英数字6〜16桁)」
  • 希望する振込先の銀行口座情報
  • 銀行口座の確認書類(通帳やキャッシュカード、ネットバンキング画面の写し)
  • 対応WebブラウザをインストールしたPC
  • PC用ICカードリーダーもしくは近距離無線通信「NFC」を搭載する対応スマートフォン
  • (カード読み取りにスマホを使う場合は)専用アプリ「マイナポータルAP」(iOS/Android)

スマートフォンから申請する場合

  • マイナンバーカード
  • カード作成時に登録した「署名用電子証明書の暗証番号(英数字6〜16桁)」
  • 希望する振込先の銀行口座情報
  • 銀行口座の確認書類(通帳やキャッシュカード、ネットバンキング画面の写し)
  • 近距離無線通信「NFC」を搭載する対応スマートフォン
  • 専用アプリ「マイナポータルAP」(iOS/Android)

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.