ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年05月20日 11時44分 公開

ソーシャルディスタンスを確保する腕時計型ウェアラブル イタリアの楽器メーカー開発

[松尾公也,ITmedia]

 COVID-19(新型コロナウイルス感染症)対策でソーシャルディスタンスを保つためのウェアラブルデバイス「Safe Spacer」を、イタリアの楽器メーカーIK Multimediaが開発した。工場、倉庫、オフィスなどでの利用を想定している。

photo Safe Spacer

 Safe SpacerにはiPhone 11にも採用されている、測位精度が高い無線技術のUWB(Ultra Wideband)チップを搭載。他のSafe Spacerが6フィート(約2m)以内に近づくと、振動、光、音で警告を発する。

 機械学習により、6フィート以内に近づく人の動きを予想し警告する機能もある。

photo Safe Spacer

 リストバンド、ストラップ、キーホルダーに取り付けられる。防水仕様で液体スプレーや紫外線による洗浄、消毒が可能。

 IK MultimediaはDTM用MIDIキーボード、マイク、ギター用オーディオインタフェース、モニターマイクなどを開発、製造している。工場は新型コロナウイルス 感染症患者が多く発生したイタリアにあり、自社内でのニーズからSafe Spacerを開発したという。2020年第3四半期に99ユーロで発売予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.