ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年06月02日 18時23分 公開

ヤフーの検索・地図サービス、スーパーや薬局周辺の混雑状況を確認可能に 計2万8000店に対応

ヤフーが「Yahoo! MAP」「Yahoo!検索」などのサービスに、スーパーマーケットや薬局周辺の混雑状況を確認できる機能を追加した。店舗名で検索すると、当日と過去6〜7日間の混雑状況を1時間単位で分析。「混雑」「通常」「緩和」の3段階で表示する。

[ITmedia]

 ヤフーは6月1日、「Yahoo! MAP」などのサービスに、スーパーマーケットや薬局周辺の混雑状況を確認できる新機能を追加した。店舗名で検索すると、当日と過去6〜7日間の混雑状況を1時間単位で分析し、「混雑」「通常」「緩和」の3段階で表示する。新型コロナウイルス感染拡大を受け、ユーザーが混雑を避けて買い物できるようにする狙い。

 対応するサービスは、アプリ版「Yahoo! MAP」(iOS/Android)、Web版「Yahoo!地図」、スマートフォン版「Yahoo!ロコ」。2日からは「Yahoo!検索」でも提供を始めている。5月31日現在で、全国約2万8000店のスーパーと薬局の混雑状況を把握できる。

「Yahoo! MAP」での利用イメージ

 新機能のベースには、行動データの解析などを手掛けるベンチャーunerryのサービス「お買物混雑マップ」を活用している。同サービスでは、スマートフォンの位置情報をもとに、店舗付近約100mの混雑状況をAIで解析。直近4週間の中で最も混雑している時間帯を判定し、その1時間あたりの人数を基準とした上で、店舗周辺の混雑状況を3段階で算出する機能を持つ。

「Yahoo!ロコ」での利用イメージ

 ヤフーは同サービスとの連携によって「政府が提言する『新しい生活様式』の推進を支援する」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.